グラスの選び方

ストレート

 ウィスキーをストレートで飲む場合には二通りの考え方がある。一つは口に含んでからウィスキーを堪能すると言う事。もう一つは口に含む前に芳醇な香りを楽しむと言う事だ。前者であればショット・グラス(ストレート・グラス)がよいだろう。
 ショットとは「一杯」を示し、シングルグラス(30ml)とダブルグラス(60ml)の2種類がある。ウィスキーの香りが広がりにくく、口に含んでからアフターテイストを楽しむのによい。
たっぷりに注ぐと見栄えが良くないので、シングルの場合にはダブルのグラスで、ダブルのときはロックグラスに注ぐ方がすっきりとして品がよくかっこいい。
 後者であれば、意外にもワイングラスがお勧め。ウィスキーを入れて揺らしながら空気に触れさせて口に近づけると芳醇な香りを堪能できる。飲み干した後もグラスに残った香りで余韻を楽しむことができる。
 ショットグラスであれば、バカラ社のショットグラス、ワイングラスの形状であればリーデル社のソムリエシリーズ コニャックXOが人気の様だ。


バカラ(Baccarat)カプリ1-107-295 ショットグラス

リーデル ソムリエ 400/70 コニャックXO

ショットグラスを探すなら→ ショットグラス
ウィスキー用のワイングラスなら→ ウィスキーグラス

オンザロックス

 オンザロックスといえばやはりロックグラス、正式名オールドファッションドグラスがいいだろう。180ml〜300mlのもので、底が分厚く成分も鉛含有量が多く重厚なグラス。もともとはゆれる船内でテーブルから滑り落ちないために作られたグラスだ。底が厚く丈夫なため、硬い氷を入れマドラーを突き刺してかき混ぜるオンザロックススタイルには最適だ。
 その名の由来はこのグラスを使ったカクテル”オールド・ファッションド”から来たものである。カクテルの中でもいわゆる「古風な」タイプであったことからそのようなネーミングになったと言う事だ。


バカラ(Baccarat)アンタンジブル スモーク2-600-736タンブラー 9.6cm

ロックグラスを探すなら→ ロックグラス

水割り

水割りを飲むときにはタンブラーが良く使われます。いわゆる普通のコップですね。240mlが国際標準の大きさで、ウィスキーの水割りのほかハイボール、ソフトドリンクやカクテルなどに良く用いられます。


底に厚みがあり、ずっしりとした存在感。Baccarat バカラ ローハン タンブラー ハイボール 1510...

タンブラーを探すなら→ タンブラー

ハイボール

 ハイボールなどの炭酸系の飲み物にはタンブラーも用いられますが、それよりも背の高いコリンズグラスというものも良く使われます。細長い形なので炭酸が抜けにくいと言う特徴があり、スタイリッシュなところが人気のようです。


シンプルでデザイン美を感じさせる形状リーデル コリンズグラス・ポルトフィーノ

コリンズグラスを探すなら→コリンズグラス

ホット

 ホットウィスキーを飲むときにはお湯を注ぐため、耐熱のグラスでなければすぐに割れてしまいます。マグカップで作るのもよいですが、琥珀色の素晴らしい色を目で味わうのも楽しみの一つ。是非耐熱グラスで飲んでいただきたいですね。取り扱いで傷がつくとその部分から割れる事もありますので丁寧に扱うことも心掛けなくてはいけませんね。


〈耐熱ホットグラス〉8オンスロングすき 6個入【0210_sake】

ホットグラスを探すなら→ ホットグラス