ウィスキーの飲み方

ストレート

 ウィスキーそのものを味わいたいならこの方法がベストと言われています。本場スコットランドでは常温でストレートで飲むのが一般的とか。喉で味わうように飲み、喉を通過させた後は息を鼻からゆっくりと吐きながら香りを楽しみましょう。
 飲み方としてはストレート専用のストレート・グラスでグイっと飲むのが良いでしょう。ストレート・グラスはウイスキー・グラスやショット・グラスとも呼ばれ、30ml入るシングル・グラスと、60ml入るダブル・グラスがあります。 他の飲み方として、口の大きめのグラスに注いでグラスから立ち上る香りを楽しみながら味わうのもまた一興。グラスをかたむけたときに香りが発散しないチューリップ形状のものが最適です。
 チェイサーは喉に感じる熱さを和らげたり口の中をリフレッシュさせるために飲む飲み物。通常は水ですが、ウィスキーのタイプに合わせて牛乳や麦茶、炭酸水、清涼飲料水にするのも良いようです。
 ウィスキーを味わいながらチェイサーで喉を潤す。交互に繰り返しながら格別の一杯を楽しみたいですね。

オンザロックス

 グラスは十分冷やしたものを使います。冷えていなければ氷と水をたっぷり入れてグラスを冷やすなど工夫をしましょう。アイスは溶けにくいものが良く、コンビニなどで手に入るロックアイスなどが良いでしょう。家で氷を作る際は水道水ではなくミネラルウォーターを使った氷にしましょう。せっかくのウィスキーの香りや味わいがカルキで台無しになってしまいますので。
 グラスに氷を2,3ケ入れて、グラス半分ほどウィスキーを入れます。マドラーで数回混ぜて氷と水をなじませれば出来上がり。冷やしますので、香りが立ちにくいですが、氷が解けるにしたがって変化するウィスキーの味わいを堪能できます。ウィスキーの種類によってはまったく違ったウィスキーを飲んでいるような錯覚になるものもあります。
 また、氷とグラスとの衝突で発する氷の低音とグラスの高音のハーモニーがたまりません。特にクリスタルグラスで飲んでいると素晴らしい響きがします。ウィスキーの香り、味、視覚な美味しさにプラスして聴覚からますます美味しさが引き立てられます。私はもっぱらオンザ・ロックスを楽しんでいます。

水割り

水で希釈する事によりウィスキーの個性が和らぎ非常に飲みやすく、食事にとてもあう飲み方として知られています。おいしい水割りの基本的な割合は、ウイスキー1に対して、水をウイスキーの2〜2.5倍といわれています。
 作り方ですが、まずしっかり冷やしたグラスにたっぷりの氷を入れます。ウイスキーを適量(30〜45ml程度)注ぎます。その段階でしっかりとかき混ぜます。サントリーのHPでは13回と書いてありますが、とにかくしっかりと混ぜることが大切です。これはウィスキー中のアルコールと水とが混合したときに発生する混合熱でウィスキーの温度が3℃も上がるためです。温度が上がると氷が解け早く薄まってしまって水割りの味のバランスが早く壊れてしまうことを防ぐためです。良く混ぜた後にさらに氷を足し天然水をウイスキーの2〜2.5倍注ぎ、数回軽くまぜて水とウィスキーを馴染ませます。
 ポイントは良く冷やしたグラスを使い、水を入れる前にしっかりと混ぜる事。ウィスキーの味わいを壊さないように氷と水は天然水を使ったものを使用してください。

ホット

 寒い冬に最適な飲み方です。耐熱用のグラスかマグカップを用意します。あらかじめグラスを温めておき、飲みたい量の1/3か1/4程度のウィスキーを注ぎます。80℃以上のお湯をゆっくり注ぎ数回かき混ぜれば出来上がり。レモンやシナモンスティックをトッピングしてもよいでしょう。
 お湯の量はウィスキーの量の3倍から4倍です。お湯はゆっくりと注ぐことが重要です。勢いよく注ぐと、ウイスキーの香りが一気立ってしまい、飲む際に十分香りを楽しめなくなってしまいます。
 湯気にウィスキーの香りが含まれて嗅ぐだけで体の心からあったまりそうな飲み方です。癖のありすぎるウィスキーは避けた方が良いかもしれません。
 応用にホットウィスキートゥディーというカクテルがあります。トゥディとはスピリッツに甘味をつけて水かお湯で割るカクテルのことです。
 まず角砂糖を少量のお湯で溶かしてからウイスキーを加えかるく混ぜ、レモンを添えれば完成です。砂糖の代わりにジャムや蜂蜜を使ったり、ドライアップル、シナモン,クローブ,バジルを加えるのも美味しいようです。クローブは薬用効果があり、体の芯まで温まります。
 その他のホット系としては角砂糖を溶かしたホットコーヒーにアイリッシュ・ウィスキーをお好み量加えて生クリームを上に乗せるアイリッシュコーヒーと言うものがあります。

ミスト

 たっぷりのクラッシュドアイスとレモンピールの香りでとても冷涼感のある呑み方です。湿度の高い夏などグラスの表面に霧がついたように見えるためミストと呼ばれています。
 ロックグラスにクラッシュドアイスをたっぷり入れます。その上からウイスキーを適量(30〜45ml)注ぎます。切ったレモンのレモンピールをグラスの上から搾りかけ、レモンをグラスの中に落とします。 レモンピールを搾るとは、少し切ったレモンの皮を簡単に搾ることです。レモンのほのかで上品な香りが美味しさを引き立てます。
 ミストに使うウイスキーは、個性の強いシングルモルトやバーボンよりも、個性穏やかなブレンデッド・ウイスキーがおすすめなようです 。

ハイボール

 ハイボールとはお酒をベースに、炭酸系の清涼飲料や水で割った爽快感のある飲みもののことを言います。ウイスキーのカクテルとしてポピュラーな飲み方で、ウイスキー初心者でも気軽に愉しめる飲み物です。炭酸水の種類はウィスキーの個性に合わせてソーダ、ジンジャーエール、コーラ、トニックウオーターなどお好みでどうぞ。
 作り方はまず、良く冷えたグラスに氷をたっぷり入れます。そこに冷蔵庫でしっかり冷やしたウィスキーを注ぎ、さらに冷えたソーダを加えます。ウィスキーとソーダの比率はウィスキー1に対してソーダ3が適量。 上下にゆっくりとかき混ぜて出来上がりです。お好みでレモンピールを搾るとより爽快感が増します。
 ポイントは良く冷えたグラスと炭酸水を使う事、かき混ぜは炭酸が逃げないようにゆっくりと回数を少なめにする事です。氷なしは薄まる事が無いので最後まで最初の味わいが続きますのでお勧めですが、グラスと炭酸をしっかり冷やしておく事が大切です。

トワイスアップ

 常温のウィスキー1に対して、常温のミネラルウォーター1の水割りのことです。氷は入れません。
 ウィスキーのもつ芳香を楽しむための飲み方で、初めて出会うウイスキーにはオススメの飲み方です。ブレンダーがテイスティングするときにもこの方法で行います。ワイン・グラスやテイスティング・グラスなどの脚付きのグラスに注ぎ、静かに揺すって芳醇な香りを楽しみます。ウィスキーを注ぐ前にグラスに臭いがついていないか確かめておく事がお勧めです。
 ウィスキーとミネラルウォーターを同量混ぜる事でストレートにくらべてアルコールの刺激が柔らかくなり、ウィスキーの香り立ちがよくなります。水をこれ以上入れすぎると香りが弱くなってしまいます。

ウィスキー・フロート


 氷が2、3個入ったグラスに水を入れ、そこにウィスキーを水と混ざらないように静かに静かに注ぎ、水の上にウィスキーを浮かべます。
 水の上にウィスキーが浮いている状態からフロートと呼ばれています。水とウィスキーの割合は7:3くらいが適量です。一杯でストレートから水割りまでの味のバリエーションが楽しめます。

ハーフロック

 水割りではやや香りが物足りないと言う方にお勧めの飲み方。ウィスキーと天然水の割合は1:1でトワイスアップと同じ比率。そうする事で水割りよりもウィスキーの味と香りをより引き立たせます。
 天然水の代わりにウィスキーの個性に合わせてソーダ、コーラ、ジンジャーエール、トニックウォーターなどにしてもよいでしょう。炭酸水ならウィスキーの個性を引き立たせたハイボールということになりますね。